PHPやJavaスクリプトでサイトの機能を拡張する場合の注意点


CMSにはない静的サイトの難しさ

CMSやブログを使えばホームページは簡単に作れるといわれたけど、そちらの方が難しいという人も少なくないでしょう。そういう人は、HTMLとCSSのみで構成された、昔ながらのホームページの方が作りやすいかもしれません。
ただ、HTMLとCSSのみのサイト、いわゆる「静的サイト」はCMSと比べるとなにからなにまで手動で行わなければならず、大変です。たとえば、新着記事のタイトルをトップページに載せる場合、CMSなら記事を公開した時点で自動的に行われますが、静的サイトだとトップページのHTMLを手動で書き換えて新着記事へのリンクを張り、サーバーにアップするという手順を踏まなければなりません。

スクリプトを組み込むとサイトデザインの統一感に問題

そういった面倒ごとを少しでも減らすためには、フリー素材として配布されているPHPやJavaスクリプトを組み込み利用するという方法が用いられます。しかし、静的サイトにPHPやJavaスクリプトを組み込んでいくと、デザイン上の問題が出てくる可能性があります。サイト全体のデザインとPHPやJavaスクリプトで出力される機能のデザインに統一感がないというものです。閲覧者にはつぎはぎだらけといった感じに見えてしまい、あまりいい印象を与えられません。
この問題を解決するためにはスタイルシートを理解し、サイトのデザインに合わせてPHPやJavaスクリプトに設定されているスタイルシートを書き換えることが必要になります。これが難しいというのであれば、新しいプラグインを組み込んでもデザインの統一感を出しやすいCMSの方がいいといえるでしょう。

レスポンシブwebデザインとは、1つのHTMLで(パソコンやタブレットなど)どの大きさの画面でも見やすいようにWebサイトに載せることです。